ここにside.htmlが読み込まれる

 目的 
 ご家庭にある、料理に使う物を使って簡単な化学実験を行いましょう。 

 

 使用するもの 
オレンジジュース
  • 100 % オレンジジュース
  • 消毒用エタノール ( 消毒用エタノール IP でも可 )
  • 透明なガラスコップ

 

ブロッコリー・スナップエンドウ
  • ブロッコリー ( スナップエンドウ )
  • 消毒用エタノール ( 消毒用エタノール IP でも可 )
  • 食塩
  • 包丁
  • 台所用洗剤
  • ガーゼ
  • 透明なガラスコップ
  • ミキサー
  • かき混ぜ棒(割りばし可)

 

スナップエンドウ
  • スナップエンドウ
  • 消毒用エタノール ( 消毒用エタノール IP でも可 )
  • 食塩
  • 台所用洗剤
  • ガーゼ
  • 透明なガラスコップ
  • すり鉢とすりこ木
  • かき混ぜ棒(割りばし可)

 

鶏レバー
  • 鶏レバー
  • 消毒用エタノール ( 消毒用エタノール IP でも可 )
  • 食塩水( 11 g の食塩を 100 mL の水に溶かしたもの)
  • 包丁
  • まな板
  • マグカップ
  • 透明なガラスコップ
  • 台所用洗剤
  • すり鉢・すりこ木
  • ガーゼ
  • かき混ぜ棒(割りばし可)
  • 湯煎用の鍋
  • コーヒー用フィルター

 

 

 実験手順 オレンジジュース 
  1. オレンジジュースと消毒用エタノールを氷で冷やしておく。
  2. 透明なガラスコップに、30 mL ジュースを入れる。
  3. ジュースの 3 倍の量の消毒用エタノール( 90 mL )を静かに透明なガラスコップに入れる。
  4. 30 分程氷で冷やすと…?
  5. 出てきたものを観察する。

 

 実験手順 ブロッコリー 
  1. 包丁で花芽の部分のみ 約 50 g とって冷凍する。
  2. 冷凍されたブロッコリーをミキサーに入れ、台所用洗剤を 1 ~ 2 滴加え、食塩を約 4 g 入れてミキサーで細かくする。
  3. 出来たものをガーゼで濾し、野菜の部分を取り除く。
  4. 得た液体を氷でよく冷やし、液体の 3 倍の量の冷やした消毒用エタノールを加えて静かに待つ。消毒用エタノールはかき混ぜ棒を使って静かに加える。液の上に消毒用エタノールの透明な層を作るように入れる事。
  5. 静かに待っていると、下のブロッコリーの液体からDNAが浮き上がってくるのが見える。
  6. 出てきたものを観察する。

 

 実験手順 スナップエンドウ 
  1. スナップエンドウの豆の部分のみを 50 g 取って冷凍する。
  2. すり鉢の中に凍ったエンドウ豆を入れ、台所用洗剤 1 ~ 2 滴加え、食塩を約 4 g 加えてすりこ木でよくすり潰す。
  3. 出来た物をガーゼで濾し、野菜の部分を取り除く。
  4. 得た液体を氷でよく冷やし、液体の 3 倍の量の冷やした消毒用エタノールを加えて静かに待つ。消毒用エタノールはかき混ぜ棒を使って静かに加える。液の上に消毒用エタノールの透明な層を作るように入れる事。
  5. 静かに待っていると、下のエンドウの液体からDNAが浮き上がってくるのが見える。
  6. 出てきたものを観察する。

 

 実験手順 鶏レバー 
 1. 鶏レバーを約 10 g 細かく切る。 
 
 2. すり鉢にレバーを入れ、台所用洗剤を 1 ~ 2 滴入れてから良く擦りつぶした後、冷やしておいた食塩水 30 mL 加えて混ぜる。この作業は5分以内に終わらせる事。 
 
 3. マグカップに移し、お鍋で湯煎(お湯を沸かして、マグカップを外から温める)し 5 分温める。その時、あまりかき混ぜ過ぎないよう注意しながら、ゆっくりとレバーを混ぜておく。 
 
 4. ガーゼで濾し、透明なガラスコップに入れ、外から氷で冷やす。 
 
 5. ガラスコップに入っている溶液の 2 ~ 3 倍の量の消毒用エタノールを静かに加え、氷の上で少し放置する。すると、エタノール層にどろっとしたものが出てくる。 
 
 6. かき混ぜ棒でどろっとしたものをくるくると巻き取る。これが精製されていない状態のDNAなので、DNAの生成を行う。かき混ぜ棒に巻き取ったDNAからよくエタノールを切り、新しいマグカップに 10 ~ 20 mLの食塩水を入れてそこに精製されていないDNAを入れてかき混ぜる。 
 
 7. 再びマグカップを湯煎にかけ、5 分程度温めながら食塩水にDNAを溶かす。 
 
 8. コーヒー用フィルターで濾し、透明なガラスコップに溶液を入れて外から氷で冷やす。 
 
 9. ガラスコップに入っている溶液の 2 ~ 3 倍の量の消毒用エタノールを静かに加え、氷の上で少し放置する。すると、精製されたDNAが出てくる。 
 
 10. 出てきたものを観察する。 

 

 解 説 1 

生きている物は全て細胞でできており、細胞の中には生物の設計図とも言われる遺伝子は、DNA ( デオキシリボ核酸 ) の中に入っています。

DNAを取り出す為には、まずDNAの周辺にあるタンパク質等を取り除く必要があります。タンパク質は台所用洗剤に含まれている界面活性剤を利用して取り除くことができます。

 

 参考サイト 

 

物質化学工学科Top

一関高専Top