ここにside.htmlが読み込まれる

 1. 目的 
 ご家庭にある、料理に使う物を使って簡単な化学実験を行いましょう。 

 

 2. 使用するもの 

  • 紫キャベツ
  • 砂糖
  • ビニール袋
  • コップ
  • 小さめのザル(もしくは茶こし)  
  • 透明なガラスコップ
  • お家にある液体(洗剤等)

 

 3. 実験手順 

  1. 紫キャベツを手でちぎり、ビニール袋の中にいれて冷凍します。冷凍するとき、紫キャベツが重ならないようにすると、後の実験が非常に上手にいきます。
  2. 冷凍した紫キャベツを袋の上から揉み、粉々にします。
  3. 粉々になった紫キャベツに水と砂糖を入れ、さらに揉みます。
  4. 紫キャベツの色が液体に移ったら、ビニール袋の隅を少しだけ切って液体だけコップに移します。
  5. コップの液体を透明なガラスコップに入れ、紫キャベツの色を見ます。これが中性(pH 7 )の色です。
  6. お家にあるものの酸性・アルカリ性はどうかな?紫キャベツの液体で調べてみましょう。

 

 4. 解 説 1 

紫キャベツの紫色は、アントシアニンという色素でできています。このアントシアニンは、酸性度によって色が変化していきます。

酸性やアルカリ性という言葉を知っていますか?これは、水溶液(物質が溶けている液体)の性質の名前です。食酢やレモン汁のようにすっぱい味がするものは酸性。植物を燃やした後にできる灰を見ずにとかした灰汁(あく)や石けん水のように苦い味のするものはアルカリ性です(注意:味だけで酸性・アルカリ性が決まるわけではありません。よく分からない物を食べて酸性度を調べるのは大変危険ですので、やらないで下さい)。中性は、酸性とアルカリ性のちょうど真ん中・中間の性質をもっています。

酸性・アルカリ性には、弱いとか強いとかを表す度合い(強さ)があります。この酸・アルカリの度合いを表すのに pH( ピーエイチ / ペーハー )と呼ばれている数値を使います。

pHは酸性からアルカリ性の間に 0 ~ 14 のメモリをつけ、酸・アルカリの度合いをその目盛の数字で表しています。pH 7 を中性とし、それよりも数値が低ければ酸性、数値が高ければアルカリ性としています。

身近にあるものですと、胃液がpH 1 、レモン果汁が pH 2 ~ 3、ブラックコーヒーがpH 5 、水が pH 7、海水が pH 8、石けん水がpH 9 ~ 11 、消石灰がpH 12 となっています。

 

 5. 解 説 2 

では紫キャベツはpHによってどんな色の変化をするのでしょう?

上の画像は、紫キャベツの液体をpH 1 ~ 13 にしたときの色です。

この色を参考にして、お家にある物の酸性・アルカリ性を調べて見ましょう。

 

 

物質化学工学科Top

一関高専Top