ここにside.htmlが読み込まれる

創成化学工学実験 ~平成27年度~

本実験は、平成19年度(平成19年度の実験科目名は「創成科学実験」。平成20年度より科目の科目名が「創成化学工学実験」となりました)より毎年行っている実験です。

 

平成27年度に作成した実験のリストです。化学反応が入っていればテーマは自由とし、10班編成で実験を行いました。

 

ポスター2種 学科企画ポスター

 


1. カゼインプラスチック [ポスター]  susu

  • 牛乳に含まれているタンパク質の一つであるカゼインを利用して、生分解性プラスチックを作った
  • 調べた作製方法だとあまりうまくいかなかったので、自分達なりに改良を加えていった。
  • 比較対象として豆乳を原料とした生分解性プラスチックや、牛乳と豆乳を混ぜた物も作った。
  • 耐久実験(加重をかける・落下実験)や溶解実験、ホルマリンを使用した硬化実験、また土に埋める生分解性実験などを行った。

 

2. 目で見る放射線 [ポスター]  ニカちゃん

  • 霧箱を作製し、身近に存在する放射線を観察した。
  • 段ボールを霧箱の中に入れる事により、よりアルコールの飽和を高めて観察しやすくした。
  • 線源としてトリウム入り溶接棒を使用して、放射線の観察を行った。

 

3. 紙の探求 [ポスター]  パピルス

  • 燃えない紙・草から作る紙・透明な紙の作製にチャレンジした。
  • 最初調べた作製方法だとなかなかうまくいかなかったので、自分達で紙をすく道具を工夫して作製した。
  • 強化剤を添加したり、入れる薬品に手を加えるなどの工夫を行った。

 

4. YOU!インクつくっちゃいなヨ [ポスター]  インク事務所

  • 身近なもの(イカスミ・くるみの果実・お茶)からインクを作った。
  • 一般的なイカスミインクにはアンモニア水や塩酸(どちらも劇物)が使われているのだが、それを使わなくても大丈夫な作製方法を発見した。
  • 原料が同じお茶であっても、鉄を入れたものとアルミニウムを入れたもので違う色のインクを作製した。

 

5. 持てる水 Ooho! [ポスター]  Ooho!

  • アルギン酸ナトリウムとカルシウムイオンの反応により膜ができる事を利用し、水が持てるかのような物(Ooho)を作製した。
  • 一般的なOohoは水なので、水以外のものでも作れるのか試してみた。また、形・強度の変化や温度への耐性を調べた。
  • 海藻よりアルギン酸ナトリウムを抽出できるかの実験を行った。

 

6. それいけ!ミドリムシ [ポスター]  ミドリムシ

  • 名前は誰でも知っているミドリムシを研究した。
  • ミドリムシの走行性調査で、カラーフィルムを利用してミドリムシが好む色を調べた。
  • シストと呼ばれる耐久状態がどのぐらい耐久できるのか、温度・pH・乾燥等の条件で調査した。

 

7. 躍動!おどる流体 ~非ニュートン流体について~ [ポスター]  Team cornsta

  • 片栗粉・コーンスターチ等を用いて非ニュートン流体を作り、それの実験を行った。
  • ニュートン流体と非ニュートン流体について調べた。
  • スピーカーを用いて特定の周波数を与える事で、固有の挙動が起きる様を観察した。

 

8. 透明標本 [ポスター]  Special Specimen’s!

  • 軟骨を青に染めてからタンパク質分解酵素であるパパインを利用してタンパク質を透明化し、硬骨を赤に染めて透明標本を作製した。
  • 透明にならなかった標本があったので、タンパク質の量と酵素の量に関係性があるのかと考察し、再度条件を変えて透明化の実験を行った。
  • 透明標本以外に、昆虫標本や葉脈標本も作製した。

 

9. 過冷却 ~あっためて 冷やして バァー~ [ポスター]  パカラ

  • 過冷却状態にした溶液の実験を行った。
  • ナス型フラスコ内で、放射状に広がる結晶を作る実験を行った。
  • タワー型の結晶を作る最適条件を調べた。

 

10. メチルセルロースって何?(ホットアイスを作ろう) [ポスター]  ちーたら

  • ムースやアイスクリームは低温では固まっているが高温ではドロドロになる。それとは逆の性質を持っているホットアイスという存在を知り、作製した。
  • 海外で最近はやっている光るアイスからヒントを得て、光るホットアイスを作製した。
  • 原料であるメチルセルロースを使い、ラップ状の物を作製した。

 


発表ポスター(ポスターをクリックすると拡大します)

 

1班  2班

 

3班  4班

 

5班  6班

 

7班  8班

 

9班

 

10班

 


高専祭当日の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


物質化学工学科Top

一関高専Top